2006年02月26日

光の贈りものが終了

b3d67cd7.jpg

今日で、冬の風物詩「すわ公園から光の贈りもの」が終了です。

最後を飾るのが、四日市大学環境情報学部による「光と音のファンタジー」。

Jポップの音楽に合わせた噴水の動きとライトアップの動きで、ときに幻想的にときに躍動的に演出されます。





86日間。

38000個の光とともに、百万人のキャンドルナイト、メリークリスマスすわパークライブ、イルミフォトコンテスト、オーナメント展、光と武の競演、ドリーミングライブなどなどの一連の諏訪公園からの発信は一段落です。



今日で、街中の冬を温めていた諏訪公園・近鉄ふれあいモールの明かりが消えます。
posted by わが街四日市 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イルミネーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35403197
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック