2006年08月06日

8月6日大四日市祭り(郷土文化財・伝統芸能など)

そして撤収…… (2006.08.06-21:34)



209deb71.jpg

三滝通り会場は、撤収中…。





まだ、諏訪新道会場や、グランドステージ前会場では諏訪太鼓の勇壮な音が響いていますが、もう終わりですね…。





出演者のみなさん、お疲れ様でした!!









すわサマーLIVEも!! (2006.08.06-21:07)



すわサマーLIVE♪

諏訪公園交流館前でのすわサマーLIVE♪が最高潮に達しています。



エンディングは、出演者全員と会場みんなで「明日があるさ」!!





大四日市祭りもこれでフィナーレです!!









kaikou〜めぐりあい〜 (2006.08.06-20:43)



kaikou

踊りと太鼓や楽器がコラボレーションする、kaikou(邂逅)。



今年は、なんだか、中国や長崎を感じそうなそんなステージでした。





これで三滝通りのすべてのプログラムを終了しました。





でもまだ、諏訪太鼓が各地で聞こえていますし、諏訪公園や商店街はまだまだ盛り上がってますよ!!!









諏訪太鼓合同演奏 (2006.08.06-19:33)



諏訪太鼓合同演奏

諏訪太鼓の各グレープが合同で演奏しています。



大人あり、子供あり。



たくさんの太鼓の音色で、かなりの迫力です。





この後は、kaikou〜めぐりあい〜です。

それで、四日市の夏祭りは終わります…。









つんつく踊り (2006.08.06-18:25)



まつり:つんつく踊り

今年は、8月12〜13日に日永の両聖寺で行われるという、日永つんつくおどり。

川の堤防を築く踊りとして始まったといわれています。



花笠がカラフルです。









夕空に… (2006.08.06-18:20)



まつり:大入道

大入道の三滝通り演技がおわり、諏訪新道演技へ向かいます。



哀愁漂っています。





修理を終えて、とても綺麗になりました。





ただ、一つ、これはいただけない、と思ったこととしては。

郷土文化財演技が始まった頃は、獅子舞がおしていたために、15分ほどスタートが遅れました。しかし、途中の休憩を挟まずにどんどん文化財の演技をしていったため、大入道の演技が始まる予定時間であった18:15には終っている、という状態でした。これではプログラムの意味がありません。それを見てきた人たちは、終っていたら、何の意味があったでしょうか。つんつく踊りも始まる予定時間にはすでに終わっていました。

山車をしばらく置いておいて、予定時間まで待つ・人を集める、ということを考えるべきではなかったのか、と進め方に疑問を持ちました。









そして大入道!! (2006.08.06-18:13)

まつり:大入道

まつり:大入道


大入道の動画をご覧ください。



動画はこちら













岩戸山 (2006.08.06-18:01)



まつり:菅公

菅公は、今年、三滝通りで書いた文字は「夢」でした。

まつり:岩戸山

岩戸山が演技をし、その後は、お待ちかね、大入道です!!









諏訪公園の様子 (2006.08.06-17:48)



すわ公園サマーライブ

諏訪公園では、すわサマーLiveと題して、夜9時半くらいまで行われています!



幅広いジャンルの音楽イベントにもぜひお立ち寄りください!









甕破り開始 (2006.08.06-17:32)



まつり:甕破り

郷土文化財の披露が始まりました。



甕破り(かめわり)からです。



大入道たちも控えています。









獅子舞 (2006.08.06-16:40)



まつり:獅子舞:市場町

しし舞の様子です。



市内各地の獅子舞が披露されています。


まつり:獅子舞:御館まつり:獅子舞:立阪神社








もうすぐ郷土文化財 (2006.08.06-16:27)



3c3f81bc.jpg

三滝通りではしし舞が行われ、郷土文化財がスタンバイ中。



大入道ももうすぐです。
posted by わが街四日市 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大四日市祭り・花火大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35403226
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック