2009年12月31日

蜃気楼見える伊勢湾

P1010954のコピー古くから、四日市では蜃気楼が見られると、浮世絵にも描かれていたと言われています。



大晦日には、楠町の吉崎海岸から、浮いた船や、伸びた名古屋駅ツインタワーがよくみえました。








P1010936のコピー  P1010958のコピー


蜃気楼は、対岸に映るだけではなく、伸びたり縮んだりもします。



ぜひ見つけて見てください!
posted by わが街四日市 at 13:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域の話題
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。蜃気楼にご興味を持っていただく方がいらしゃって大変嬉しい限りでございます。
大晦日に撮影されたというこの蜃気楼、まさに冬型の蜃気楼(下位蜃気楼、あるいはモンジュ、あるいは浮島現象などと呼ぶもの)で、逃げ水などと同じメカニズムです。上方の景色が下側に反転して映りこむ現象です。
ただ、残念ながらコメントの中にございます「伸びたり縮んだり」しているものではございません。
「伸びたり縮んだり」する蜃気楼は春頃に起こる現象で、簡単に申しますと、下位蜃気楼とは逆に、下側の景色が上側に映りこんで伸び上がったようにみえるもので、春先の寒かった気温が急にポカポカしてきたような時に出やすいです。
今後とも、情報がありましたら是非お知らせください。
以下が参考になるかと思います。
http://www.city.uozu.toyama.jp/nekkolnd/mirageex/index.html
あるいは、
http://www.biwa.ne.jp/~t-ban/
なんかが参考になるのではないでしょうか。
Posted by mga at 2010年01月26日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35403380
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック