2010年11月04日

【また追記】あの人工衛星「はやぶさ」が四日市に!!

はやぶさの模型(相模原)日本が打ち上げ、小惑星「イトカワ」に着陸し、数々のトラブルに巻き込まれながら地球に帰還した人工衛星「はやぶさ」。

日本中の感動を呼び起こし、国会でも絶賛されたこの「はやぶさ」が、四日市市立博物館にやってくることになりました!!

12月のクリスマスごろ12月22日〜26日に、三重県でははじめて、四日市市立博物館で展示される予定ことになりました。1階の講座室の予定です。
この期間中、博物館でも関連講座やプラネタリウムなども行なわれることになりそうです。三重県では初めて登場です。(三重県内で四日市市を含む3市から手があがりましたが、来年3月までには四日市のみとなりました)

ぜひ、宇宙から帰ってきた「はやぶさ」のカプセル展示を楽しみに待っていてください。

「小惑星探査機『はやぶさ』帰還カプセル展示協力団体公募の選考結果について(2011年3月末までの開催分)」(リンク)


【追記】
四日市での展示について、詳細が発表されました。
http://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum/planetarum/hayabusa.html


公開の方法が、今まで別場所での公開とは全く違う方法で見られます。
今までの「はやぶさ」カプセル観覧方法は、長い時間列に並び、その列のまま、立ち止まらずにカプセル前を通過しながら見る、といった方法で行っています。
四日市では、約10分ごとに入る時間を区切り、公開する博物館1階の講座室にその時間の人が一度に入り、最初に説明を受けてからじっくり見る、という形で公開されることとなりました。ですので、全体的に見れる人数は減ってしまいますが、一人がはやぶさカプセルを見る時間が10分程度ある、という今までにない形です。
そのため、時間で区切られた『観覧整理券』が必要となります。この『観覧整理券』は、当日の朝9時(午前分)と12時30分(午後分)から配布されます。(博物館西側の入り口付近の予定)
すべての時間分の配布が終了した場合は、もうその日は見られなくなります。ご注意ください。


 【小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル 特別公開 概要】

 日時:12月22日(水)〜26日(日) 9:30〜17:00
    ただし、観覧整理券は、当日9時〜と12時30分〜配布。
 場所:四日市市立博物館 1階講座室
    整理券配布は、博物館西側じばさん三重側入口の予定
 費用:無料(ただし、整理券が必要です)
 備考:整理券は1人(幼児以上)につき3枚までもらえます。
    観覧整理券の時間指定はできません。

 ○関連企画
 プラネタリウム「HAYABUSA -Back To The Earth-」上映
  12月11・12・18・19・1月4〜10日 各日13:20〜
  12月22〜26日 各日5回
  日本中が涙したというプラネタリウム番組。「はやぶさ」のすべてがわかる。
  通常プラネタリウムを変更してお届けする。観覧券が必要。当日販売。

 はやぶさパネル展、はやぶさ実物大模型展示
  12月11日〜1月30日 9:30〜17:00(休館日を除く)
  1階エントランスで模型、2階市民ギャラリーでパネル展。

 はやぶさペーパークラフト工作
  12月11日 14:30〜16:30
  申し込み不要、時間内先着200名(小学生以上)、無料。
  1階講座室にて。

 ビーズ工作教室 はやぶさ携帯ストラップ作り
  12月18日 14:30〜16:30
  申し込み不要、時間までに先着50名(高校生以上)、100円。
  1階講座室にて。はやぶさの形をしたビーズ細工。

 [NEW]宇宙塾特別編 はやぶさプロジェクトチームの挑戦!
  12月23日 19:00〜20:30
  前売り1席800円、定員155席。
  プラネタリウムにて。JAXA名誉教授の的川泰宣さんによる講演。

詳細は http://www.city.yokkaichi.mie.jp/museum/planetarum/hayabusa.html


 講座「宇宙から見えてきた地球環境」
  12月18日 10:00〜11:30 四日市市総合会館7階第1研修室
  事前申込必要(三重県環境学習情報センターまで)先着70名(18歳以上)。
  無料。講師:JAXA地球観測研究センター須藤氏。当日受付可。
  
詳細は http://www.eco-mie.com/kouza/uchu/


 [NEW]天文ラジオ番組「ASTRO-Wave768」はやぶさスペシャル
  12月18日 21:00〜21:59
  FMよっかいちポートウェイブ76.8MHz
  四日市のコミュニティFM。国立天文台渡部潤一教授のインタビューなど放送。

詳細は http://fm.0593.jp/
posted by わが街四日市 at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント・祭り
この記事へのコメント
今日(11/16)カプセルの中の微粒子がイトカワのものだと確認されたとのニュースがありました。
四日市での公開は日程もいいし凄い人出になりそうな予感
Posted by (`・ω・´) at 2010年11月16日 20:01
最新情報!
四日市博物館では…夕方四時半過ぎたら整理券無しで、入場できるようにするそうです。
諦めないで見に来て貰えば、はやぶさ帰還カプセルだけは見てもらえます。その分カプセルなどの説明はその分無しになる予定。
並んでも、本物カプセルを見られないのは残念だもんね。

浜松のはやぶさカプセル展示は三日間で二万五千人も入場者があったようです!
四日市は五日間で一万人しか想定していなかった。のんびり、丁寧な展示を目指していましたが…はやぶさ人気は予想以上に凄いのです。
Posted by 追加情報 at 2010年12月22日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41586683
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック