2011年02月11日

ひとつなぎ・おとつなぎコンサート

2月11日(金・祝)午後5時から8時ごろまで、四日市市文化会館第2ホールで、「ひとつなぎ・おとつなぎコンサート」が開催されました。
これは、四日市市出身で活躍する若手のミュージシャンや俳優によるイベントです。

東京では、四日市出身の人たちが定期的に会合をする「四の会」が開かれています。元々、四日市出身の映画監督、瀬木直貴さんを囲む会として始りましたが、その後、様々な方が参加しており、中でも1年に1度くらい、ライブハウスを貸し切って行われているそうです。そんなことが四日市でもやれればいいね、というのが今回の原点だったようです。

今回のイベントには、CHIKAKO(ボーカル)、大谷顕之(ギタリスト)、silent flow(ユニット)、JamstownMagic(バンド)の4組の東京で活躍する四日市出身のミュージシャンが出演しました。音楽イベントだけではなく、四日市歴史劇として当時を振り返る寸劇も行われ、宮璃アリ、市川剛といった四日市や東海地方を中心に活躍している俳優たちも出演しました。
また友情出演として、MACK、中央小学校有志のみなさんが出演しました。

CHIKAKOさん大谷顕之さんsilent flowJamstownMagicMACKさん

第2ホールは立ち見も出るほどの超満員で、会場内は熱気に包まれましたが、出演者と主催者が大事にこのイベントを育て作り上げていったことがひしひしと伝わってきて、とても温かい雰囲気になりました。例えば、来場者全員に配られたCD。出演者の音源がおさめられているCDがプレゼントされましたが、しっかりとプレスされたCDで、そのジャケットをみんなでコンサート中に折って作るコーナーもありました。また、コンサート前日には、中央小学校で出演者たちによる音楽授業も行われています。また、このコンサートのために作られたオリジナルソングもあり、それを中央小学校生徒有志と出演者全員で発表されました。名の通り「おと」を通じて「ひと」がつながっていく、そんなコンサートでした。

今後もぜひ続けていってほしいと思いました。これをきっかけに、東京などで活動している四日市市出身の人たちが紹介され、みんなで応援していくきっかけになればいいな、と感じました。

中央小学校との共演寸劇
posted by わが街四日市 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・祭り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43383526
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック