2005年05月31日

映画「逆境ナイン」完成記念試写会

オール三重県ロケの映画「逆境ナイン」が、ロケをしたこの三重県で、7月2日の公開に先駆けて、完成記念試写会を明和と四日市で5月31日開催した。



四日市では、ララスクエア内の109シネマズ四日市で開催され、試写会に3300通の応募がありそのうちの400人が詰め掛けた。

この試写会には、映画監督の羽住英一郎さん、そして主演の玉山鉄二さんが駆けつけた。

「逆境ナイン」玉山鉄二さん(左)と羽住英一郎監督羽住監督は「2ヶ月間三重県で撮影して皆さんに協力していただいたので、今日完成した映画とともに戻ってこれてうれしいです」、玉山さんは「三重県ではボランティアやエキストラの皆さんに恩返しのため、公開より1ヶ月前に三重に帰ってきました」と挨拶。

三重県の印象は?と聞かれて「すごくジャスコが多い街だな」という玉山さん。おおらかでやさしい人が多いと絶賛。監督は、海も山も川もあり、ふるさとに帰ってきた感じがする、とコメント。

会場内は笑いと拍手で満たされた。





その後、映画「逆境ナイン」が上映。

「バカバカしいー!!でも感動!!」というこの映画。

三重県内の「全力学園」の弱小の野球部が「甲子園にいけなかったら廃部!」と校長(藤岡弘、さん)に宣言され、野球を全く知らない監督(ココリコ田中直樹さん)と三重県大会を逆境に立ち向かいながら勝ち進んでいく物語。

その中で、監督のとぼけぶりや、宇宙から飛んでくるもの、校長の海を走るシーンなど、爆笑ポイントも盛りだくさん。

また志摩スペイン村デートや、ジャスコにデートに誘うシーン、そして津球場と決勝戦で使われる四日市霞ヶ浦球場など、県内約15箇所で撮ったと言う三重県ネタ満載でも笑えます。

でも最後は感動するという素晴らしい映画。

「すごくエネルギー・カロリーを使う映画なので、若干やせると思うので、ある意味ダイエット映画」(玉山さん)とのこと。

ぜひ一度は見ていただきたいと思います。

三重県内では、109シネマズ四日市・109シネマズ明和にて7月2日より公開。名古屋もシルバー劇場やベイシティなどで上映予定。



 ⇒「逆境ナイン



取材:FMよっかいち

 ※この模様は、FMよっかいちで6月27日午前9時過ぎから放送される予定です。
posted by わが街四日市 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の話題

2005年05月25日

玉山鉄二が四日市試写会に

伊勢志摩をメインに、四日市の霞ヶ浦球場でも撮影されたオール三重県ロケの映画「逆境ナイン」の公開が迫っている。

逆境ナイン@霞ヶ浦球場2その前に5月31日に、明和町と四日市で試写会が行われ、そこに監督の羽住英一郎さんと、主演の玉山鉄二さんが来る予定。



詳しくは、三重テレビのこちらのページでまた、応募もできます。5月25日必着。


posted by わが街四日市 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の話題

2005年05月05日

四日市ナンバーの意見募集中

現在、三重県には「三重」しかナンバーがありません。



地域ナンバーを作ろうという動きが今出ており、三重県内もいろいろな地域でナンバーを増やそうと動いています。



その中で四日市もナンバー「四日市」を作ろうと考えています。

こちらで意見を募集中です。



ナンバーが決まった場合、四日市で登録した新規ナンバーが順次「四日市」となります。

皆さんが走る車に「四日市」と付きます。これについて、皆さんがどう思うか。

意見は5月10日締め切りです。





<<追記 5/11>>

今回、四日市ナンバーの導入が見送られました。

結局決め手となったのは、一緒に四日市ナンバーを入れようとしていた三重郡朝日町があまり乗る気じゃなかったため。



じゃぁ、あの住民アンケートはなんだったんだろう?

5月10日まで意見募集といいつつ、10日に断念を発表。



せっかく30万人突破したのに、朝日町の顔色を伺わないと進まない四日市はこれでいいのだろうか?

朝日町が難色を示した理由も「川越町が参加していないから」。

意味がわからない。

じゃぁ、菰野町は?



四日市もやるなら四日市独自でやっても全然問題ないと思いますが。

でも、3月の住民アンケートで「6割賛成」ということですが、本当でしょうか?周りでは賛成の意見がかなり少なかったような…。

昔、FMよっかいちのステッカーに「四日市」の言葉がどこにも入っていなかったことから、どういう意味があるのかちょっと想像できるのでは??

(その意味があったかどうかは不明ですけどね)
posted by わが街四日市 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の話題

2005年05月02日

テレビでの四日市特集

5月1日夜、中京テレビで放送された番組「PS」の今回のテーマは、「買い物上手in四日市」ということで、市内の朝市から万古焼きまでいろいろなところが紹介されました。

モンキッキー(おさる)と、まなかなちゃんの3人での四日市めぐり。

まず、三滝川沿いの慈善橋の朝市からスタート(地図)。四日市駅からも近い三滝通りのところからまわり、魚介類や伊勢茶、米などを紹介。

その後、一番街商店街内の食堂で“四日市名物”のとんてき。ジャスコ跡地の目の前。なんだかちょっと寂しく感じたけど。

そして万古焼きの紹介ということで、川原町のばんこの里会館。今度の5月14〜15日に行われる「ばんこ祭り」も紹介。そして実際に万古焼きが作れる坂部の「酔月窯」の紹介(地図)。ここでは急須を作ることができる。

そして、本町商店街のしぐれ、近鉄高架下に近い西新地の手打ちそば、最後に富洲原漁港での市民せり市を紹介。このせりには、日曜午後から誰でも参加できます。

四日市は、名のとおり、「市」から始まった街。

今でも、49の市(4と9のつく日に市が出る)とか、38の市とか、ふれあい4の市とか、そういった市が市内各地で続いています。ぜひ皆さんもお得な市にいってみてはいかがでしょうか。それが地産地消の第一歩です。





4月9日には、メ〜テレ番組「ウドちゃんの旅してゴメン」四日市特集が放送。

この中では、諏訪神社、商店街内の勧告惣菜店、新正のとんてきのお店、ばんこの里会館、片岡温泉(菰野町)の旅となりました。





5月6日(金)19時からの「西川きよしのご縁です!」では、三岐鉄道の三岐線が放送予定。(近鉄富田駅〜西藤原駅の電車が三岐線です)
posted by わが街四日市 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 地域の話題

2005年04月24日

鈴鹿の映画、カンヌ国際映画祭へ

去年、鈴鹿のNTT研修センターの跡地を全部セットにし、その広さ、ハリウッド以上といわれた小栗康平監督の映画「埋もれ木」が、5月11日から南フランスで開催される第58回カンヌ国際映画祭の「監督週間」に出品されることが決まった。

ただし、これは賞を取る部門ではない。



小栗監督は、90年、カンヌ国際映画祭で「グランプリ」と「国際批評家賞」を受賞していることで知られているが、15年たった今、カンヌに「三重の映画」で乗り込む。



主役は、14歳の夏蓮(かれん)さん。去年、主演男優賞を史上最年少でとった柳楽優弥さんと偶然同じ年齢である。

他にも、浅野忠信さん(別作品でも今回カンヌ出品)や、松坂慶子さん、平田満さん、田中裕子さん、岸部一徳さんなどが出演。

鈴鹿のセットだけではなく、鈴鹿市内や河芸町、榊原、宮川村など三重県内で撮影された。



また、鈴鹿市周辺のボランティアも大勢この映画に携わった。制作や手配、そしてエキストラまで。



すでに鈴鹿での試写会を終え、あとは、夏の公開を待つのみ、というときにうれしいカンヌ出品のニュースである。

カンヌでの上映は5月13日ということだが、今後のニュースにも期待したい。



 ⇒埋もれ木(小栗康平監督HP)

 ⇒Yahoo!ニュース:今度は14歳美少女カンヌへ





一方、もう一つ、夏に公開される三重の暑い映画がある。

高校野球がテーマの「逆境ナイン」(羽住英一郎監督)だ。



こちらも先日、東京で試写会と合同記者会見が開催され、マスコミ向けに公開された。



逆境ナインこの映画は、伊勢の倉田山球場をメインに、鳥羽や伊勢、津、そして四日市の霞ヶ浦第一野球場などで撮影が行われた、まさしく三重の映画。出演者たちは昨年、伊勢に合宿して撮影に望んだ。

主演は、初主演となる玉山鉄二さん。堀北真希さんやココリコの田中直樹さん、藤岡弘、さん、小倉久寛さんなども出演。

マンガが原作(絶版しているが今月より再販開始)で、テーマソングは愛知出身の岡村孝子「夢をあきらめないで」(再リリース決定)。

内容は、もうとにかくありえない、笑いの連続。心の底からずーっと笑える『ありえない逆境』がノンストップで描かれる。

撮影時も、台風が3つ直撃する逆境があったが、それにも負けずの撮影で、素晴らしい映画ができた。日本版「少林サッカー」の野球版といったところ。



四日市でも、ララスクエアの109シネマズで公開が決まっている。

これもぜひ、チェックしてもらいたい三重の映画である。



撮影時のニュース

 ⇒逆境ナイン(予告編では霞ヶ浦球場もわかるかな?)

 ⇒Yahoo!ニュース:玉山鉄二初主演「逆境ナイン」完成披露

 ⇒Yahoo!ニュース:玉山鉄二、初主演映画で度肝抜きます
続きを読む
posted by わが街四日市 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 地域の話題

2005年03月30日

湯の山でドラマロケ

湯の山温泉協会前4月から始まるCBC−TBSの昼ドラ「湯けむりウォーズ」のロケが、2月ごろから湯の山温泉で行われている。

東海テレビの「はるちゃん」はたしか山中温泉が舞台だったかと思うが、連続ドラマで湯の山温泉が使われるのは珍しいのでは。



主演は芳本美代子。そのほか、デビット伊東や島田珠代など。



<<追記>>

4月4日(月)から毎日13時30分から放送。

4日放送では、「山形・山の谷温泉」とか名前が変えてあるが、あきらかに湯三重交通のバス停が・・・(湯の山温泉駅前)の山温泉街や大石公園付近、近鉄湯の山温泉駅前や近くの橋などの映像が出ていた。三重交通(バス停)までもが「山の谷交通」と手の込んだ小細工も。湯の山の風景を覚えていれば、楽しめるのでは。

今後、四日市の人も出演するかも!?

<<以上、追記>>大石公園とロープウエイ乗り場の交差点





テレビもいろいろ春の改変があり、東海地方は万博情報番組のオンパレード。見飽きるのも時間の問題?というかもう見飽きた?





ラジオもFM三重が開局20周年にして、今まで築き上げてきた番組のほとんどを終了にさせた。あのお化け番組、おもいっ気りサンデーまでもが。

コールサインまで変わるようだが、FM三重が4月からどうなってしまうのか。FM三重はZIPじゃないんだから。局都合でDJが変わる?かもしれないニッポン放送の先陣をきったのかもしれない…。
posted by わが街四日市 at 19:22| Comment(5) | TrackBack(2) | 地域の話題

2005年03月24日

高い炎

東ソーの炎現在、第3コンビナート(霞ヶ浦埋立地)で、炎が高く25m近く出ています。

これは、東ソーの定期修理によるものなので、毎年何度か、このように出ております。

大丈夫です。



さて、明日から、お隣の愛知県で万博が始まります。

テーマは「自然の叡智」といいつつ、環境にはほとんど配慮されず、山や森がなくなった万博です。

万博を利用した瀬戸会場(海上の森)の住宅計画はなくなりましたが、今後どうしたいのかもまったく決めずの見切り発車。持ち込みの弁当や飲み物は禁止、持ってきたら入り口で廃棄するのも環境に逆行している気もする。

すでに内覧会を見た人によれば、「地方博と変わらない」との話も聞いた。

未来に何を残したいのか、残るのか。

ただの企業の新製品発表展示会だけにならないか。

チェックが必要なのかもしれません。





また、明日は雪が降るかもしれません。ご注意くださいね。
posted by わが街四日市 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(2) | 地域の話題

2005年02月14日

三重テレビで初ドラマ

三重テレビが、この春に初のドラマをするという。

1時間ドラマで、三重県民によって撮るということで、出演者を募集しているということです。

三重テレビ「豆腐の味」出演者募集



4月に撮影を開始し、5月に完成し、その後放送されるとのこと。



興味のある人は応募してみてはいかがでしょうか。





テレビドラマといえば、四日市市内では、CTYが毎年クリスマスにスペシャルドラマを撮影し放送中。





また、三重で撮影された映画はこれから公開です。



鈴鹿で撮影された映画「埋もれ木」(監督:小栗康平)は、夏から公開予定だそうです。この映画は、鈴鹿のNTT研修センター跡地をすべてセットに変え、ハリウッド以上の世界最大のセットと言われています。

主役はオーディションで選ばれた夏蓮さん。田中裕子さんや平田満さん、浅野忠信さんらが脇を固める。



また、伊勢+四日市で撮影された映画「逆境ナイン」(監督:羽住英一郎)も、夏から全国ロードショー予定。漫画の高校野球を題材にしたコメディ映画で、主演は玉山鉄二。そのほか、堀北真希、田中直樹(ココリコ)、藤岡弘、が盛り上げる。

*(追記)

2月26日(土)より、渋谷アミューズCQN、池袋シネマサンシャイン、新宿ジョイシネマ3にて、「プチ男球(おとこだま)」携帯ストラップ付き特別鑑賞券の発売を開始とのことです。



どれも完成が楽しみだ。





ちなみに、四日市で撮影・公開された映画「いずれの森か青き海」(監督:瀬木直貴)は、去年〜今年に、東京や仙台の公開を終え、今年、DVDになるんじゃないかというウワサ…。
続きを読む
posted by わが街四日市 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の話題

2005年02月01日

鈴鹿おろし

2月に入りましたが、このごろ、この冬最高の寒波ということで、四日市もかなり風が強くなっています。体感気温は氷点下です。



四日市は、「鈴鹿おろし」という西から吹く冷たい風があります。これは、御在所岳など、鈴鹿山脈から吹いてくるような風の事を指します。

でも実は、その風は、「伊吹おろし」の一種だったりします。
続きを読む
posted by わが街四日市 at 19:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 地域の話題

2004年12月20日

パチンコ・スロット屋の激戦区?

名古屋が発祥のパチンコ。三重ではずっと激戦が続いている。

パチンコブームにのってか、リニューアルオープンや新台入れ替えなどを繰り返すパチンコ屋。
川越・羽津・日永・采女などでたくさんのパチンコ屋ができたが、
12月、湯の山街道沿い伊倉付近のだいぶ前につぶれた2件のパチンコ屋が、
ひとつの大きなパチンコ屋(WING)になった。大掛りな整地もされてアドバルーンも飛ぶ。

その反面、羽津でリニューアルオープンする予定だったパチンコ屋はそのまま別の書店に。
また「統合」という形で、あの弥生館跡地のKINGが閉店、貸店舗募集になっている。
サンリバー近くの昔からのパチンコ屋も漫画喫茶になってしまった。

地元発祥のパチンコ屋はだいぶ消えてしまい、全国チェーンがここぞとばかりに
三重県に進出、かなり狙っているようですね。
最近は、落ち着いたセンスのいい外観も多いが、サーチライトをするような高度成長期の匂いのするような
ことはどうかと思う。(2004.12)
posted by わが街四日市 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域の話題